医療経営を支える広報活動はできていますか?

コンサルティング
医療経営を支える広報活動はできていますか?

医療機関では広告規制があり、他の業界と同じような広告活動は難しいことで知られています。

厚生労働省の医療広告ガイドラインについてはこちらを参考にしてください。

医療機関の課題は集患ですか?


今回は、医療経営を支える広報についてです。

現在、集患が困難となった医療機関が多く存在しています。
患者側が新型コロナウイルス感染拡大により、感染リスクがあると懸念して病院受診を控えているのです。

一方で、医療機関は広告を積極的に打ち出せる立場になく、集患することが最も困難な状況となっています。

治療が必要な方が治療を止まっているこの状況は、医療機関側にも患者側にもリスクが高いものとなっています。

医療機関の集患の課題はこれまでほとんどの医療機関が経験したことがなかったのではないでしょうか。患者層や専門分野から考えてもそれぞれの医療機関では比較的安定した経営ができていたと考えられます。

しかし、今回のコロナ禍によりその状況は一変し集患しなければ経営が困難な状況になりました。

集患のための具体的な方法を知っていますか?

早速、集患のための方法を伝えていきます。

やるべきことは2つだけです。

①まず、第一に広報活動する人材を選抜してくだい。

②次に院内の情報を上記した医療広告ガイドラインを厳守して発信していきます。

この2つに取り組みましょう。

医療機関においてはこのどちらもハードルが高いのは承知しておりますが、今の時代はこの2つを行うことが最も集患率が高まるのです。

医療機関は医療広告ガイドラインの影響もあり、オープンな情報が少ない閉鎖的な環境でもあります。

そのため、多くの患者さんや地域住民はそれぞれの口コミを中心に受診行動を起こします。
つまり、良い噂やお勧めがあればその医療機関に行き、悪い噂や評判があれば行きません。とても純粋な判断に基づいているのです。

そのため、広報活動に力を注ぎます。

医療機関側から発信する情報は貴重でありますが、初めて受診される方や現在のコロナ禍の状況では憶測やネガティブな判断で物事を考えてしまうため、その判断に寄り添う形で情報を提供するのです。

集患には寄り添う情報提供が必要です

医療機関は辛いときに受診することがほとんどです。

そのため、医療機関から発信する情報は、患者さんに寄り添う情報が良いと考えています。医療広告ガイドラインの制限はあるもののできる情報発信はいくつもあります。
特に患者さんはこれまで以上に不安を抱えて医療機関に向かうことになります。

その不安を少しでも解消するために医療機関は自ら情報を発信する必要があるのです。

医療機関から発信された情報は安心の保証でもありますが、情報が溢れる時代の中で医療機関からの情報はほとんどありません。
地域に根ざした医療を提供しようと考えたとき情報の発信は必要不可欠なのです。

情報発信業務の難しさ

情報発信の広報担当者を院内で選抜し、情報発信環境を整備していく必要があります。

ただ、毎日の業務に加えて情報発信する媒体(ホームページやSNS、冊子など様々な媒体がありますが患者層に合わせて選定することが求められます)を決め、管理することは容易なことではありません。

多くの場合は、SNSのアカウントは途中で止まってしまうのがほとんどです。

また、企業アカウント運用でも同じことですが個人のアカウント運用と医療機関のアカウント運用の違いに苦悩する担当者もいます。

集患の課題解決を提供しています

弊社では、医療機関の集患の課題を解決するための医療機関向けのマーケティング戦略を提供しております。

弊社のマーケティング戦略では、ブランディングと患者行動心理学などを用いて集患の課題を解決していきます。

特に医療機関では、患者さんの行動心理学を深く理解している必要があります。
弊社では、医療機関での勤務経験を生かして患者さんの行動心理を深く理解することが可能です。

医療機関専用のマーケティング戦略で得られる成果は主に以下のものがあります。

  1. 強力なブランド力
  2. 情報発信が財産として残る
  3. 集患に関わるストレスの軽減
  4. 集患に必要な長期コストの削減
  5. 地域に根ざした医療機関としての地位

集患に関して現在無料相談を受付しております。
お気軽にご相談ください。

会社名/病院名*

電話

相談内容*(どのようなことでお悩みですか?)

具体的な相談内容(現状、相談したい内容や課題について)

琉球ストラテジーを知ったキッカケを教えてください

タイトルとURLをコピーしました